すごい人研究所

すごい人の話を中心に、すごい人になるヒントをまとめるブログ

【スポンサーリンク】

子育ての話

やる気のなかった少年院の少年たちが、積極的になった瞬間

この話を知り、私は過去に認められなかったり、『志田にはこの仕事を任せられない』と言われたりもして落ち込んだことを思いだしました。だから、私もこの子どもたちのように、人から認められたり、頼りにされたいって、思っていたのだと感じました。 日常的…

反省以前の子ども、学習に困っているこどもに大人ができることとは

『ケーキの切れない非行少年』と言う本から、『自分はやさしい』と言う非行少年の話を知りました。 www.kakkoii-kosodate.info また、学校で学習に困り感がある子どもが、どのように非行少年となるかも学びました。 www.kakkoii-kosodate.info 児童精神科医…

クラスで成績が下から5番までの子どもたちの話

私はこの話から、困り感を持っている子どもはすぐ身近にいることを知りました。知的障害と診断されなくても、境界知能で困っている子どもは、統計から計算すると14%いるそうです。また精神保健福祉士を経験した彼が『障害の診断がされないから、福祉を受…

『自分はやさしい』と言う殺人少年の話

犯罪を犯す非行少年の特徴を知り、私は驚きを隠せませんでした。医療少年院にいる非行少年たちは、次のような傾向があると、児童精神科医の宮口さんは言います。 ・簡単な足し算、引き算ができない ・漢字が読めないから新聞さえも読めず、女性の写真ばかり…

精神科医から性教育の手順を聞いて、なるほどと思った話

子どもが他の子どもと適切な距離感を築くために、私生活でできることはいくらでもあるなと学んだ出来事でした。

よく考えて行動する甥っ子の話を聞いて、姉から学んだこと

〇姉から学んだこと ・子どもをよく観察し、気づいて褒めることで、子どもは『工夫して行動することは大切』と学習ができるようになると感じました。 ・さらに姉は、子どもが一緒にいる中で、家族にそのことを話す。側で遊びながら話を聞いている甥っ子もき…

周りをかき乱す職員の話を聞いて思ったこと

この職員の話を聞いて、『自分視点』の考えは、人ごとではなく、自分にも起こりうると思いました。 子どもの養育においては、『今誰のためにそうしたいのか』をよく考えたいと思い直しました。

甥っ子のお年玉の受け取り方が素晴らしかった話

お年玉をもらって中身を見て、『誰々よりも少なかった』と言うようなことを言う小学生の子どももいると聞いたことがあります。甥っ子も、最初は中身も気になるし、見ようとしていました。でも、姉とのやり取りで、幼いのに礼儀が身についていることに、私は…

『ぽっちゃり』とからかわれていた子に、カリスマ教師 沼田先生がしたこととは

給食エースの他にも、鉄道好きな子どもに、あるあだ名をつけたことで忘れ物が減っていった話が、沼田先生の著書で紹介されています。 〇ここから学べること ・今の時代は、全部をそれとなくこなすことではなく、自分にしかできないことを伸ばすことが大切で…

言葉かけには2種類あることを学んだ話

以前ブログで、子供の問題行動がある日なくなった話を紹介しましたが、会話の中で相手を承認したり大切に思っていることを伝えると言う意味では、今回学んだことも同じかもしれないと思いました。 www.kakkoii-kosodate.info この、『会話の中に相手を想いや…

子どもの問題行動が、ある時ぴたっと止まった話

もしかしたらこの子どもは、『自分が大切に想われている』と感じ、心が満たされたから問題行動が止まったのかなと思いました。 人は誰でも認められたり感謝されたい生き物だと私は思うので、感謝の気持ちを伝えることで、その人は心が満たされ、優しい気持ち…

酒癖が悪すぎた私が改善するまでの話から学べること

以前マクドナルドで、泥酔して寝ていた女性の事をあれこれ言いましたが、そう言えば私も酒癖がかなり悪かったので人の事言えないな、、と反省しています。。 www.kakkoii-kosodate.info 酒癖の事を思い出したのは、大仏先生のブログがきっかけです。大仏先生…

児童養護施設での、胸が締め付けられた出来事

この経験を通して、人は他人に意見を言う時、それは『誰のため』なのかを良く考えなければならないと思いました。『あなたのため』と言いながら、本心は自分のためだったりすることも多いのかなと思います。 このケースでは、ご厚意をお返しする形は一つでは…

マクドナルドにいた男女の正体におったまげた話

私はマクドナルドでこんな方達見たのは初めてですが、彼氏に話したらそういう人は普通にいると言っていました。飲酒や夜間徘徊は、不良行為と言うのですね。 何が彼らをそうさせたのでしょうか。 以前ブログで紹介しましたが、大人の接し方が適切ではないと…

今週もお疲れさまでした。

土日が仕事の方はまだもうひとがんばりですが、今週もお疲れさまでした。 今回は、『自分の事なんてどうでもいいや』と思っていた私が、大事な人から『自分を労わることの大切さ』について教えてもらったことを、ブログを書きました。 ぐりさんのブログを拝…

子どもの関わりについて悩んでいる事

子どもが問題行動を起こしたとき、『距離を置くことで反省をさせる』ことが私には理解できません。確かに距離を置くことで、『悪い事をすると嫌われたり距離を置かれてしまう』と言うことは学ぶことができますが、それ以上に子どもの感じる大人への不信感が…

子どもや後輩の育て方 -ペアレントトレーニング-

ペアレントトレーニングの説明を受けて、私は正直『え、これだけ?』と思いました。先生は、相談者や講演会の時に『実況中継をする』と言う、本当に簡単な関り方だけを伝えると言います。 でも、施設でこれを実践すると、効果抜群です。子どもには自然と褒め…

嘘をつく理由を知り、子どもへの接し方を変えようと思った話

子どもや私が嘘をついた時、職員は「嘘はつくな」と言います。しかし私は、『嘘つくなって言われても、こっちもどうしたら良いか分からないんだよ。。』と言う気持ちでした。子どもも同じ気持ちなのかもしれません。 それが分かってからは、子どもの嘘をつく…

子どもが行動するようになるために大人ができることとは

〇参考にさせていただいたサイト、本 www.yukahisa.com

亭主関白親父の末路

気に入らないことがあると、キレて家族を押さえつける父。父は若い頃から家族のためにと、休みも殆どなく働いてくれて土地も一軒家も買ってくれたけど、私は、アパートでも狭い家でも良いから、子ども達を尊重してくれる、怒らない父親であってほしかったと…

子ども3人が米スタンフォード大学卒 -アグネス・チャンさんが子育てをする上で大切にしていた事とは-

11月11日に放送された深イイ話で、アグネスさんの子育ての話が放送されていました。アグネスさんのように、『今何を一番大切にしたいのか』を振り返り、優先度を再確認することで、あれこれ翻弄されずに、一番大切な事に焦点を置けるようになると言うことを…

やる気を上げるために活かせる心理作用

多くの人が悩む『やる気』の問題ですが、『人の目』を利用することでやる気がアップすることを知りました。 これは、仕事だけではなく、子育てでも応用できると思います。それは私もホーソン効果によって、勉強をかなりするようになったからです。下のブログ…

注意する時にされたら嫌だと感じたこと

2つの職場で人格まで否定されるような注意の仕方をされると、『自分って、相当仕事できないのかな・・』とも思いますが。 それでも、上司は『人格』は否定せずに、『行動』だけを指摘した方が良いと思いました。無視や距離を置く態度が入ると、注意された側…

友達の子育てから学んだ、人と比べないようにするための方法

友達は子どもにゲーム機を買い与えない事で、子どもがどのように成長するか分からない、買ってもらえなかったと言う反動で、携帯を持てるようになってから携帯依存になってしまうかもしれないと心配はしています。 しかし、子どもが欲しがっているからと言っ…

不適切な養育によって、変形する子どもの脳

大人から子どもへ、適切ではない形の言葉かけや関わりをすることによって、子どもはそのストレスから避けるような形で脳が変形する印象を受けます。 親からの不適切な養育により、子どもは心だけではなく、脳にもダメージが起きる、、不適切な関りに良い事は…

『自分の課題を話す=怒られる=怖い』と言うイメージから抜け出せない子ども達

施設の子どもの多くは、怒られることが怖くて自分の課題になかなか向き合うことができません。これは一般家庭でも、職場の上下関係でも言えることかもしれません。 大人が最初にするべきことは『子どもに感情的にならない事で、安心して話せる環境を作る事』…

怒られる時の脳の反応を知り、怒ることのデメリットを知った

人は怒られることで、行動を変えることはできる。でも、怒られることで偏桃体が活発になり、『論理的には考えられなくなる』、『怒られたことが記憶に残りやすくなる』と言うことを知り、怒ることのデメリットを知ることができました。 〇参考にさせていただ…

テレビがもたらす脳の発達の影響とは

テレビで見る映像と、目の前にある実物を見るのでは、脳の活性化度合いが全く違うことを、参考にした本から学びました。 子どもは、色々なところに行って体験をするのが、脳の発達にも適している事が分かりました。 〇参考にさせていただいた本 ・マンガで分…

職場の先輩と母が教えてくれた、いつも大切にしたい事

私が子どもの頃、苛々している時も調子が悪い時も、母はいつも、ちゃんとご飯を食べ、良く休むよう言っていました。その言葉があったからこそ、今でもどんな時も良く食べて寝ることができる。そのおかげで、大きな病気をせずに生きていけている。 大人が子ど…

里子の友人が感じた、親にしてもらった忘れない事

子どもは乳幼児の時期に、親から大切にされることにより、その親を心のよりどころとし(安全基地とし)、さまざまな冒険をして成長していきます。安全基地があることにより、嫌な事があっても『自分は大丈夫』と思うことができ、安定します。落ち着いて人間…