悩み落ち込んだ時の処方箋

f:id:Megumi_Shida:20181207162550j:plain

怒ったり悩んだりすることは、あなたのエネルギーや時間を大量に失うことに繋がります。私も昨年までは悩み苦しむ時が多かったのですが、今年に入り、精神コントロールについて、様々な人や本から悩まないコツを教えてもらったところ、ちょっとしたことでは悩まなくなりました。この記事に触れたあなたに、少しでも役に立ちますように。

1 今の悩みや落ち込みは、未来の幸せのためにあると思う

広い視野で見れば、悩んでいる今は、未来のあなたがもっと幸せになるために大切な時間や経験。「未来は、今よりきっと良くなる」と思うと、気持ちが楽になるかも。

2 未来のあなたを想像する

未来のあなたは何歳で、どんな人と一緒にいますか。どんなことをしてどんな気持ちで過ごしているかの理想のあなたを具体的にイメージする程、わくわくした気持ちが増えます。複数の感情は同居が難しい(同時に悲しんだり喜んだりは難しい)ため、わくわくを考えれば、悩みや落ち込みも弱まるかも。

3 ひたすら話を聞いてもらう

あなたの話をひたすら聞いてくれる人に話をしてみると、あなたの気持ちも楽になるかも※あなたの事を否定するような人からはエネルギーが奪われ更に落ち込むので、否定しない人強くお勧め

4 目の前にある問題は、本当に大きな問題かと考え直す

私は良くありますが、小さな問題に対して執着している時があります。今考えている問題は、最悪どのような悪影響を与えるのかを考えると、大した問題ではない時も多いと思います。

5 コントロールできることに集中し、コントロールできないことは忘れる

あなたが悩んでいることは、あなたがコントロールできることですか。コントロールできないことで悩んでも時間の無駄なので、できることだけに集中していくと落ち込み時間が減るかも。もし、コントロールできないことにストレスを感じたら、付き合う人や環境を変える事をお勧めします。

6 具体的な対策を考える

他人ではなく、あなたがコントロールできることについて、できる事を全て紙に書き出してみる。紙に書く事で整理されます。私は悩みに対して、『対策を30個考えて行動しまくったらきっと現状は変わるはず』などと考えて行動するようにしています。

7 終わりのラインを決める

例えば友達との待ち合わせで毎回30分以上遅刻をする人がいた場合、あなたから友達に「20分待って来なかったら次回以降帰るから」と伝えるように、あなたが我慢するラインを決めておくと、人間付き合いや悩み苦しみも軽くなるかも。人間関係についても、ここまでやっても改善されなければ距離を置くなど決めるといいかも。

8 今付き合っている人と、3年後、5年後も一緒にいるか考える

人間関係で悩んでいるのであれば、5年後も仲良くしていないような人に、一生懸命悩み苦しんでもあなたの時間や労力がもったいない。もっと大切な人やことに時間を費やして。

9 その人との距離感を考える

1年に1回会えればいい人、毎週でも会いたい人、毎日でも繋がっていたい人など、悩みの対象の人はあなたのどの距離感にいるのか整理する。1年に1回会えればいいような人に対して悩み苦しんでいても疲れるだけ。

10 良く寝る

寝不足だと、ちょっとしたことでも情緒不安定になりがちになるため、十分に睡眠を取ると良いかも。

11 余裕を作る

時間的、精神的に余裕がないと、他人を許せなくなったりちょっとしたことでイライラしたりします。イライラしないためには、あなた1人の時間を作って、気持ちを休める時間が必要だと思います。

  
//