すごい人研究所

すごい人の話を中心に、すごい人になるヒントをまとめるブログ

【スポンサーリンク】

子育てで勘違いしていたこと

〇私が児童養護施設で働き始めた時に勘違いしていたこと

私は児童養護施設職員になった当初は『子どもたちに色々な事を教えたい』と思っていましたが、子どもの発言や考えに触れることで、『子どもたちの方が新しい事を知っているし、頑張っているし、私は教える程大した人間ではない』と言うことに気付きました。子どもたちも、大人が偉そうにあれこれ諭しても、『あいつには言われたくない』と言うこともありました。『自分は、子どもにあれこれ偉そうに言える程の人間か』と考えた時、今までの自分は傲慢だったことに気付きました

〇じゃぁ何を大切にして、養育していったらいいのか

子育ての目的の1つは、自立だと私は考えていますが、精神的な自立のためにも、『自分が大切にされた、尊重された』と言う経験が必要だと考えています。私はだらしない人間ですが、でも母から尊重してもらい、それが辛い時に助けてくれた経験があります。

子どもがちゃんとした大人になるために(時間を守ったり、やるべきことをやったり)指摘したくなりますが、まず、それよりも重きを置きたいことは『自分は自分でいいんだ』と言う安心感や、『自分の良いところはここだ』と自信を持てるような関わりなのかな、と思いました。子どもの心にプラスになるような言葉かけを大切にしていきたいと、改めて思いました。