すごい人研究所

すごい人の話を中心に、すごい人になるヒントをまとめるブログ

【スポンサーリンク】

たらい回しにされた噂の研修生の姿勢が変わった話

f:id:Megumi_Shida:20200308070546j:plain

f:id:Megumi_Shida:20200308070551j:plain

f:id:Megumi_Shida:20200308070558j:plain

f:id:Megumi_Shida:20200308070605j:plain

f:id:Megumi_Shida:20200308070610j:plain

f:id:Megumi_Shida:20200308070617j:plain

f:id:Megumi_Shida:20200308070623j:plain

f:id:Megumi_Shida:20200308070631j:plain

○研修生が来る前に、ざわついていた職場

『取り乱している子どもに悪い影響を与える』、『主任の話を聞きながらポケットに手を入れている』、『研修打ち切りの話も上がった』などの噂を聞いた私は、『これだけ色々な噂があるってことは、相当できない人なのかなぁ』と思っていました。

しかし私の勤める寮に配属され、研修期間が終わりに近付くにつれ、先輩職員や研修担当の職員が、口を揃えて『研修生はいい方向に変わった』と言うようになりました。その変化が激しすぎて、研修の振り返りの時に、先輩職員から『姿勢を変えるきっかけになったのは何ですか?』と目を大きくして何度も聞かれたそうです。

○なぜ研修生はたらい回しにされたのか

そもそも、その人はただやる気のなさそうに見えるだけの人で、話を聞くとしっかりした意見を持っているし、自身の職場で抱えている仕事に真摯に取り組んでいました。

しかしながら、手持ち無沙汰でテレビを観ていたことや、修正するべき行動を見た他の職員が、『あの人はダメだ』と言うレッテルを貼ってしまったのかなと思いました。

『出る杭は打たれる』と言われるように、組織に入ると、最初に悪いところ探しがおこなわれ、レッテルを貼ってしまうのはお互いにとってすごくもったいないことだと思いました。

○人が積極的になる要素を考察

研修生の姿勢を変えた1番の原因は『尊重されたから』なのではないかと思いました。職員が研修生を尊重することで、彼女も『チームのためにできることはないか』と考えたり、研修に対する姿勢も変わったのではないかと思います。

しかし私たち寮の職員がおこなったのは、『感謝をする』、『会議の中で研修生に意見や情報を求める』、『意見が優れていたら取り入れる』と言うことだけです。

しかしながら私が今まで所属した組織で、それをおこなっているところは少なく、今回の研修生の対応も、『研修生だから』と思い、対応や意見を聞くのを後回しにしたりしていたのかもな、と思いました。

今回の件で、人が生き生きと過ごせるかどうかは、周りの人の影響が大きいことがあると言うことを学びました。