すごい人研究所

すごい人の話を中心に、すごい人になるヒントをまとめるブログ

【スポンサーリンク】

育てることを放棄する人、しない人

私は不器用なので最初失敗ばかりします。そのため上司から距離を置かれる、という体験を何回かしてきました。

f:id:Megumi_Shida:20200309135700j:plain

f:id:Megumi_Shida:20200309135705j:plain

f:id:Megumi_Shida:20200309135712j:plain

f:id:Megumi_Shida:20200309135720j:plain

f:id:Megumi_Shida:20200309140239j:plain

〇人を育てることを放棄するかしないか

問題があると距離を置かれる、というのは、どこでもあることかもしれません。

以前、電子レンジャーさん(id:lambamirstan)から、こうコメントを頂きました。『 あいつはダメだとレッテルを貼りたがる人は、人を育てることを放棄しているのだと思います。相手に真摯に向き合うことをせずにすぐに諦めてしまうのは、自分は無能だと言っているのと同じです。』私は、まさにその通りだと思いました。大人になっても、あいつはダメだとレッテルを貼り、コミュニケーション方法や子育て方法を学ばず、距離を置くことでしか対応をしない大人のやり方はあまりにも幼稚だと思いました。

電子レンジャーさんのブログは、自身や周りの人の人生を深く考察されることが多く、それを読むことで、私も振る舞い方や仕事への向き合い方、人生についてを考えるきっかけになります。

lambamirstan.hatenablog.com

私の心を救ってくれた先輩は、育てることを放棄せずに、関わり続けてくれました。この先輩には、感謝してもしきれません。

〇約束を守りたい、頑張りたいと思う環境を作ることが大事

交際相手に、子どもについて相談しました。その時、ある本の一部分を紹介してもらいました。

人が道徳的にふるまい、コミュニティのルールを尊重するのは、コミュニティに対する信頼感があるからなのです。もしもそのコミュニティの人たち-家族や学校の教師、友人など-から自分の存在を否定され、騙され、裏切られる体験を何度となく味あわされてきたとしたならば、そこに存在するルールに重みは感じなくなるものです。少なくとも、いつも自分にダメ出しをしてコミュニティのルールを説教する大人より、自分に優しく接してくれて、親身に話に耳を傾けてくれる人との関係を優先するのは、ごくあたりまえのことではないでしょうか。

子どもにとって大事なのは、『いつでも相談できる大人がいること』。

上司や大人ができること、それは、『ここで頑張りたい』と思える環境を作る事だと思います。以前、たらいまわしにされた研修生の話を紹介しましたが、『尊重』が人の姿勢を大きく変えると言う体験をしました。

www.kakkoii-kosodate.info

後輩や子どもが約束を守ってくれない、頑張ってくれないと思ったら、まずはその人自身を尊重することをおすすめします。