すごい人研究所

すごい人の話を中心に、すごい人になるヒントをまとめるブログ

【スポンサーリンク】

恋愛や仕事を続けるための秘訣とは

f:id:Megumi_Shida:20200608005746j:plain

f:id:Megumi_Shida:20200608005751j:plain

f:id:Megumi_Shida:20200608005757j:plain

f:id:Megumi_Shida:20200608005803j:plain

f:id:Megumi_Shida:20200608005809j:plain

f:id:Megumi_Shida:20200608005814j:plain

f:id:Megumi_Shida:20200608005822j:plain

f:id:Megumi_Shida:20200608005828j:plain

昔は『今の状況を楽しみ、好きになる努力をすることで、恋愛や仕事を続けることができる』と言うことを学びました。

一方で最近の傾向として、離婚する人や、環境や人に適応できずに苦しむ人が増えているように思います。

ある本には『現代の人は昔の人よりも、人とくつろげなくなった』と書かれていました。今の方が物質的には豊かなのに、なぜ、人とくつろぐことが難しく、人と一緒にいることでストレスを感じやすくなったのか、2つ理由を考えました。

『より、守られるようになった』私達

私たちは、昔よりも守られるようになりました。パワーハラスメントセクシャルハラスメント、いじめ、虐待など、理不尽なことを我慢する必要はなく、守られるべきだと言うことを知ったのです。

ですから、自分が傷つけられるようなことがあれば拒否をできるし、訴えることもできる。嫌ならそこから離れればいいと言うことを知ったのです。『守られる権利がある』と知っているからこそ、私たちは他者の言動に敏感になってしまうのだと考えられます。人間いい面も悪い面もあるのに、嫌なことしか考えられなくなるのではないかと思いました。

一方昔の人は、『自分は守られるべき存在』と言う考えがなかったのかもしれない。そこで生きていくしかないからこそ、我慢、と言うか敢えて現状を気にしないようにして、良さを見つけてうまくやっていたのではないでしょうか。昔の人たちのように、嫌な事に鈍感になる鈍感力をもつことができると、目の前のことに反応して苦しまずに済むのではないかと思いました。

今は昔よりも選択できるようになった

昔はお見合い結婚が多く、結婚相手をそれほど選べなかった。一方今は、街コンもやっているし、SNSで全く知らない人と繋がり結婚することもあり、結婚候補者の数が比べ物にならない程増えました。それに加えて、離婚も自由。今の私達は、昔よりも自由に人生を選択することができるようになりました。

選択肢があると、『もっと他に良い選択肢があったのではないか』と目移りしてしまう時があります。例えば『もっといい勤め先があったのではないか』と思うことだってあるし、『もっといい人と出会えたかもしれない』と思うことだってあるかもしれない。隣の芝は・・ですよね。

今を大切にする心構え

それでも、心を今に向けて、自分の選択が本当に素晴らしい事だと思えるように、目の前の日々を大切にすることは、価値のある事だと思います。

書道家であり作家の武田双雲さんは、 奥様との関係が悪かった時、『自分の妻は最高の妻だと思おう』と覚悟を決めました。他の選択肢を考えず、今が最高と思うことで、奥様との関係が改善されました。

www.kakkoii-kosodate.info

本当にいい人生を作れるかどうかは、今の私達の考えと行動次第、と言うことでしょうか。私は今、職場でなかなか人間関係が上手くいかずに悩む時もあります。しかし、今回有川さんの本を読んで、武田双雲さんの良い夫婦の条件の話を思い出して、今自分の周りにある環境が最高だと思ってみることにします。

参考にさせていただいた本

 感情の整理ができる女(ひと)は、うまくいく(有川真由美さん著)