すごい人研究所

すごい人の話を中心に、すごい人になるヒントをまとめるブログ

【スポンサーリンク】

三浦春馬さんが他界されて立ち直れない -人生の被害者にも加害者にもならないためにはどうしたらいいのか-

2020年7月18日、三浦春馬さんが他界されました。私の妹は三浦春馬さんの大ファンで、ミュージカルやCD・DVDのお渡し会に行っていて、会えるたびに涙を流して本当に嬉しそうにしていました。彼は優しくて努力家と言うイメージがあり、私も応援をしていました。 妹は去年の8月に初めて春馬さんに会ったのですが、それからまだ1年も経っていない。

www.kakkoii-kosodate.info

訃報を聞いてから、気分が晴れず、暗い気持ちが続いています。亡くなったのはSNSの誹謗中傷が理由の1つだったのではないかと言われています。

春馬さんが苦しい気持ちで亡くなられたのではないかと思うと、悲しい気持ちでいっぱいになります。なぜあんなに努力家で優しそうな人が、苦しい思いをしなければならないのか。もしSNSが亡くなられる理由の一つだったら、誹謗中傷をしていた人は春馬さんの人生の加害者になるわけです。

誰かを傷つけると言う行為は、他人の不幸の加害者となってしまいます。それは直接態度に表すことから、SNSで匿名でつぶやくことまで、表現方法はさまざまだと思います。

また誹謗中傷や否定を受け止めすぎてしまうと、人生の被害者になってしまうのではないかと感じています。中々他人は変われないし、特にネットの炎上は止められない。環境が変わったりチャレンジするほど、有名になるほど、誹謗中傷や否定をされていく。そんな中でも強く生きていく力が、私達には必要だと思います。(とは言え、有名人は、一般人から豪雨のような誹謗中傷を浴びて、平常でいられる人は殆どいないのではないかと思いますが)

傷つけない、傷つけられないようにするため、人生の加害者にも被害者にもならないためには、その方法を学んで、行動を変えていくしか方法はないのだと思います。そして、誹謗中傷だけではなく、自分の不安に打ち勝つための方法も必要なのだと思います。

学校が終わって大人になったから、勉強はしなくても良いのではなく、学校が終わって、社会に出てからこそ、生きるために必要な力を養うことが必要だし、学ぶことが必要なのだと考えています。

春馬さんが、天国で、疲れた心を休ませて、幸せな気持ちで過ごせていますようにと祈るばかりです。