すごい人研究所

すごい人の話を中心に、すごい人になるヒントをまとめるブログ

【スポンサーリンク】

子どもや後輩に指摘をしたい時に使える『YES&』の法則

f:id:Megumi_Shida:20200328123208j:plain

f:id:Megumi_Shida:20200328123212j:plain

f:id:Megumi_Shida:20200328123219j:plain

f:id:Megumi_Shida:20200328123227j:plain

f:id:Megumi_Shida:20200328123232j:plain

f:id:Megumi_Shida:20200328123239j:plain

f:id:Megumi_Shida:20200328123246j:plain

f:id:Megumi_Shida:20200328123251j:plain

どのタイミングで指摘をしたらいいのか、ずっと悩んでいた私

私は子どもに指摘をしたい時、タイミングがつかめずにずっと悩んでいました。子どもと話している時も、家事をしている時も『いつ指摘をしようか』、『あと30分待っても動かなかったら声をかけよう』と四六時中悩んでいました。

ある時、精神科医の先生に子どものことを相談した時に、『あの子は、一緒に楽しい事をしてくれる大人の言うことは聞いてくれます。ですからまずは子どもが楽しいと思える状況を作ることが大事です』と言っていました。その意味が、先輩の行動と本を読んでやっとわかりました。

大人も当てはまると思いますが、自分を否定したり認めてくれない人の言うことは聞きたくないと思います。まずは、大人が子どもを受け入れる姿勢を作り、子どもにとって『話を聞きたい大人』になること。これがすごく大事なんだなと思えました。

『YES&の法則』を考察

YUKAHISAさんのブログでは、悪い報告の仕方について紹介しています。

www.yukahisa.com

ここで紹介されている『一貫性の法則』は、『YES&』の法則に共通する印象を受けます。一貫性の法則では、まず良い報告をすると、報告を受けた相手は『機嫌がいい』『朗らか』、『優しい』と言う気持ちなります。その後悪い報告をしても、一貫性の法則のおかげで、態度が変わりにくい、と説明されています。それと同じで、子どもの関わりでも、次のようなことが考察されます。

①子どもの楽しい話を聞いて、明るい、楽しい雰囲気になる

②楽しい雰囲気の中子どもに指摘をすると、子どもは楽しい状況を続けようと思い、明るい気持ちで指摘を受ける。

『YES&の法則』、『一貫性の法則』は、ネガティブな事を言いにくい、空気を気にしている人にとっては、とても使える技だと思いました。 

参考にさせていただいた本

子どももママも輝く笑顔になる 金のママ語(山崎洋実さん著)