すごい人研究所

すごい人の話を中心に、すごい人になるヒントをまとめるブログ

【スポンサーリンク】

大人が子どものために動きすぎた結果こうなった

f:id:Megumi_Shida:20200402142436j:plain

f:id:Megumi_Shida:20200402142440j:plain

f:id:Megumi_Shida:20200402142447j:plain

f:id:Megumi_Shida:20200402143102j:plain

f:id:Megumi_Shida:20200402143110j:plain

f:id:Megumi_Shida:20200402143117j:plain

f:id:Megumi_Shida:20200402143126j:plain

f:id:Megumi_Shida:20200402143137j:plain

子どものことを何でもやってしまう職員

子どもが高校を卒業して社会人になっても、大人に『集合場所への行き方と電車を調べて欲しい』と言うのですが、これについてどう思いますか。私は『これほどまでに自分の事をできないように育ててしまったのか』と残念な気持ちになりました。

子どもからしたら、その職員は『優しい大人』かもしれませんが、それは別の面から見たら、子どもが『自分で何とかしよう』と思うきっかけを奪ってしまう、恐ろしい関わりだと思います。

おそらくこの大人は、子どものためにあれこれやってあげていることを『子どもの権利を守っている』と勘違いしているのかもしれません。しかし私から見たら、これはただの召使いだと思います。

子どものために一生懸命頑張ると、大人が大変になる

この職員は、子どものために一生懸命に動いています。しかしそのせいで、退勤時間を過ぎて5時間たっても職場にいることがあります。しかし私からしてみたら、子どもが自分でやればいい事を自ら手を挙げてやっている、忙しい状況を作っているのは、彼女自身なのです。

子どもが『自分の事』として物事を見つめるためには

子どもが自立するために大切な関りとしては、次のブログで学びました。大人は子どもが自分の力で生きていくために、側にいるうちに自立心を育む必要があります。子どもを人生の被害者にしないためにも、大人は子どもへの関りを学び実践していく必要があると思います。

www.kakkoii-kosodate.info