すごい人研究所

すごい人の話を中心に、すごい人になるヒントをまとめるブログ

【スポンサーリンク】

メンタリストDaiGoさんが勧める子育て法とは

f:id:Megumi_Shida:20200326111620j:plain

f:id:Megumi_Shida:20200326111625j:plain

f:id:Megumi_Shida:20200326111631j:plain

f:id:Megumi_Shida:20200326111637j:plain

f:id:Megumi_Shida:20200326111643j:plain

f:id:Megumi_Shida:20200326111649j:plain

f:id:Megumi_Shida:20200326111655j:plain

f:id:Megumi_Shida:20200326111702j:plain

DaiGoさんが勧める子育て方法とは

DaiGoさんは著書の中で、次のように言います。

よい習慣が身につかないのは、「子どもに意志力がない」ことに原因がありました。「意志力を持ちなさい!」と言っても、子どもが変わる可能性は低いもの。ですが、あなた自身が意志力を持って何かを始めれば、それは必ず子どもへ感染し、子どもの意志力を高め、必ず子どもは変わり始めます。

※意志力:自分で決めたことをやり遂げる力 

先日、友人の子どもが読書好きになった話を紹介しましたが、子どもが読書好きになった原因の一つは、親である友人自身も仕事や自身を高めるための努力を怠らないため、その姿勢が子どもにも伝染したのかもしれない、と思いました。

www.kakkoii-kosodate.info

「いつ勉強するの!」と言う前に

Daigoさんは、著書の中で、次のように言います。

子どもとは「ラクに流れ、努力することが苦手」なものです。(省略)まず取りかかるべきことは、いきなり本人を変えようとするのではなく、子どもを取り巻く環境を変えてしまうこと。環境が変わると動き方も変わります。動き方が変わると、習慣が変わります。そうすると考え方が変わり、本人が変わっていくのです。

つまり、子どもの環境を変える工夫をすることをお勧めしています。学習机をシンプルで広いものにすること、学習中に余計なもの(本棚、ベッド)を目に入れさせないように模様替えをすること、また時間管理術も紹介されており、集中力が持たない子どもには、リズムを利用してストップウォッチなどを活用しながら、25分勉強したら5分休憩の繰り返しをする(ポモドーロテクニック)、学習中にあることを思いついて急にそれをしたい衝動に駆られたら「後回しメモ」に書いて、とりあえず忘れないよにしておくことなど、具体的な方法について紹介しています。

Daigoさんは、『変わるのはまず自分。たとえ子どもであっても、人を変えようとすることは無理なのです。自分が変われば、当たり前だったことがすべて変わります。もちろん、子どもも変わります』と言っています。

私はこの本を読んで、子どもを変えようと言う意識から、自分の行動に集中しようと思えるようになってきました。子育てをしている方にも、後輩育成などに力を入れている方にもおすすめの一冊です。

参考にさせていただいた本

子育ては心理学でラクになる(メンタリストDaiGoさん著書)