すごい人研究所

すごい人の話を中心に、すごい人になるヒントをまとめるブログ

【スポンサーリンク】

【寄稿記事】家事をまったくしなかった父親が、誰よりも綺麗に台所を掃除するようになった話

先日、を知る通信さまから寄稿のご依頼をいただきました。

『長引く自粛生活の影響で、ストレスを感じている人に対して、心が軽くなれるような記事を』と問い合わせをいただきまして、未熟な私の話で恐縮でしたが、子ども時代の話を書かせていただきました。

 

内容は、『亭主関白で、家事をまったく しなかった父親が、家族の誰よりも掃除を綺麗にするようになった』と言う話です。ここで学んだことは、大人に対してだけではなく、子どもや仕事の後輩にも当てはまるようなことだと思います。

news.woshiru.com

子どもの頃の父のイメージは、家にいる時は寝ているかゲームをしているか、あと怒っているか、それくらいの人でした。

f:id:Megumi_Shida:20200603222755j:plain
そんな父が、ある時たまたま洗い物をしてくれた時に、私は父につい本音を言ってしまいました。

f:id:Megumi_Shida:20200603222819j:plain

そうしたら父はその言葉に激怒して大変なことに。。。

怒っている父の思い出はたくさんあるのですが、この時も結構怒っていたのだと思います。それから学び反省した私は、ある事に気を付けるようになり関わった結果、父が誰よりも丁寧に掃除をするようになりました。

詳しい話は、を知る通信さまの記事からご覧ください!

news.woshiru.com

寄稿を通して感じたこと

以前、私が大好きなブロガーさんのところに寄稿の依頼があったと言う話を知り、私の中ではずっと、寄稿が憧れでした。そんな中、を知る通信さまから連絡をいただき、私がSNSを見なさ過ぎて返事が遅れて一旦は流れてしまったのですが、それでも、『是非次の機会に』と言っていただき、憧れが現実に変わりました。

寄稿の編集を通して、ブログの書き方に指摘をいただいたくことで 改善点が見つかったり、寄稿の話を母や姉妹、交際相手や親友が喜んでくれたりと、嬉しいことがたくさんありました。

また、をしる通信さまとやり取りをしていく中で、『ブログを目にする人にこう感じて欲しい』『少しでも気持ちが楽になってほしい』と言った、志のようなものを感じ、思いを持って活動することの尊さについて考え直すきっかけにもなりました。

この場を借りて、を知る通信さまには、貴重な機会をいただけたことを、心から感謝申し上げます。