家族のために父親ができることとは?

f:id:Megumi_Shida:20190216125657j:plain

菅原裕子さんは本書で、父親が子育てに関わる大切さや、どのように子育てに関わったら良いかを紹介しています。

菅原さんとは

菅原さんは、1977年より人材開発コンサルタントとして働き、1995年より『企業の人育て』と『自分自身の子育て』の「能力開発」の体験をもとに、子どもが自分らしく生きることを援助したい大人のためのプログラム『ハートフルコミュニケーション』を開発。各地の学校やPTA、地方自治体の講演やワークショップでこのプログラムを実施しています。

母親が父親に望むこと

母親が望むこととして、『子育てのアシスタントではなく、より主体的に子どもの人格形成に関わってほしいと思っている』と菅原さんは言います。私はSNSで、「手伝おうか?」と言っている父親に激怒している母親を見たことがあります。「手伝う」=『子育ては母親の仕事』と言っているようなものです。母親は、一緒に子育てをしたいと強く思っているのです。「手伝うことはない?」を「僕にできることはない?」と言った声かけに変えるだけでも、心を救われる母親は多いと思います。

子育てに必要な母性と父性

赤ちゃんには、まず母性が必要になります。母性とは、温かさや、優しく包み込み甘えを受け入れてくれる存在です。子どもは自分を受け入れてくれる親の存在(母性)により、自己肯定感(ありのままの自分を受け入れる感覚)を高めます。しかし母性だけを与え続けると、子どもの万能感(何をしても許される)が大きくなってしまい、自立して生きていくことが難しくなります。

一方、その甘えを断ち切り、自立して暮らすため・できない事、ダメな事を教えていくのが父性の役割です。

本書には、母親に子どもが甘えて暴力を振るうと言う実話が紹介されています。この子どもは、母親=自分を許してくれる存在と言うイメージを払拭できなかったと言うことが考えられます。そこでその母子を助けてくれたのは、父親の存在。「こらー!ママを殴るな!くるならオレにかかってこい!」と子どもに本気の父親。なぜ叱ったのかを説明し、どうすればよかったのかを話し合ったそうです。この父親の存在が無ければ、母親は子どもの暴走を止めることができなかったと言います。

今日から父親ができることとは

母親を気遣いねぎらう一言

産後の母親はホルモンバランスが崩れて落ち込みやすかったり、気が立つことも多いのです。そのような中、「私一人で家事育児をして辛い」と思う女性はかなり多いです。父親であるあなたも仕事で精一杯働いて疲れていると思います。母親もそれは分かっています。しかし、僕にできることない?」「お疲れ様。大変じゃないか?」と声をかけてくれるだけで、自分は一人じゃない、守られていると分かり、心穏やかに子どもと向き合うことができると菅原さんは言います。

子どもの話を良く聞く

親を避けるようになる前の子どもは、親が聞く姿勢を示す限り、いろいろと話をしてくれます。この間に、しっかりと子どものコミュニケーションの扉を開けておくことです。

と菅原さんは言います。子どもと良く話をすることで、子どもの事を知ることができ、子どもが本当に困った時に相談に乗ることができ、危険から子どもを守ることもできます。

もっと子どもと時間を共有する

子どもが小さい頃に、多忙な仕事のため殆ど子どもと顔を合わせなかった父親。仕事がようやく落ち着いた頃に気付いてみると、家庭でその父親の居場所がなかったと言います。そうなる前に、しっかりと家庭にいる時間を作り、子どもや母親と過ごす時間を大切にする時間を作ることをお勧めします。

 

 


 

 

今日から使える!デキる人から学ぶ「言い回し」

f:id:Megumi_Shida:20190215114339j:plain

 本書では、日常やビジネスで使える80以上もの言い回しについて、より豊かな表現方法提案しています。今回は、今日からでも使える言い回しを5つ抜粋して学んでいきたいと思います。

「うざい」を言い換えると...?

 「うざい」の語源は、ごちゃごちゃして煩わしい様子を表した俗語「うざったい」を略したものです。施設で子ども達と接していると、毎日のように子どもが「うざい」と言っています。しかし社会人になっても、「あの機械上手く稼働しなくてうざいんですよね」などと言っていたら品がありません。そんな時は、「うっとうしい」、「わずらわしい(うんざりする、複雑で面倒な様子)」と言う言葉に置き換えられます。

「つまらないもの」をもっと幸せな表現にするには

私が産まれる前から使われている「つまらないものですが。。」と言うフレーズ。しかし最近では、へりくだりすぎて好ましくないと感じてしまう人も多いそうです。このようなシーンでは、「心ばかり(他人のために尽くそうと言う純粋な気持ちや、誠実な気持ちを表す気持ち)」、「ほんの気持ちですが」と言ったような表現が良いと勧めています。

「納得できません!」をどう表現したらいい?

 納得できません!だと角が立ってしまうため、本書では「釈然としない」と言った表現を勧めています。「釈然としない」とは、疑いが消えず心が晴れ晴れとしない様子であると言います。

頂きものをした時は

「結構なお品を、恐れ入ります」と使う人が多いそうですが、このような場合は、「お心遣い、ありがとうございます」と言うと、心がこもった表現になります。「心」と言う言葉を使うと柔らかな印象になりますね。 

仕事で褒められた時に使いたいのは

日本人は褒められるのが苦手と言われています。そのため、褒められても「そんなことないです」と否定してしまう人も多いと思います。このような時、本書では、「冥利に尽きます」を勧めています。「冥利」とは、神仏が与えてくれる利益のことで、それに「尽きる」をプラスすると、最高に幸せであることをありがたく思う、と言う意味になるのです。

 

 


 

 

『悪いバカ』の共通点を考察

f:id:Megumi_Shida:20190214214017j:plain

本書では、様々なバカについて説明しており、お二人は『悪いバカ』になるな、バカとはつき合うなと言っています。今回は、本書で紹介する『悪いバカ』の共通点を考察していきたいと思います。

1.バカは思考放棄している

『人と同じことをやりたがるバカ』、『我慢を美徳にしたがるバカ』、『自分の常識を平気で振りかざすバカ』などの共通点として、思考放棄をしているところにあると思いました。『世の中で良いと言われているから』、『これは良い事だから』と、本当の理由を考えようとはせずに、表面的な思考で物事を判断している人のことを言います。根本的な事を考えず、周りに流される人生は、その人が心から納得する人生は歩めないのではないかなぁと思います。

2.他人に自分の意見を押しつけようとする

特に思考放棄をしている人に関して、自分の意見を押しつけるような人が多いと考えられます。『良いと言われているから、この人にもその良さを広めたい』と思っているのでしょうか。また、他人をコントロールしたいのでしょうか。長く言い伝えられている言葉で、『馬を湖に連れて行くことはできるが、水を飲ませることはできない』と言う言葉を聞いたことがあります。つまり、人は他人をコントロールなどできないのです。私はこれを知ってから、思い通りに動いてくれない(例えば、早く仕事してほしいとか)他人に対してイライラすることが殆どなくなりました。他人に変わってほしい、意見を言いたいと思っている人は、この言葉を心に刻んでおくと、他人の事よりも、自分ができることに集中できるかもしれません。

3.色々なものに縛られている

自身に当てはまると思ったのは『先に設計図を書きすぎるバカ』。これは、企画を思い立ったら入念に計画を立てすぎてなかなか行動に移せない人の事を言います。まさに私です。。崖から飛び降りながらパラシュートを設置するくらいの勢いで行動に移そうと思いました。

また、『ネガティブな未来の可能性に縛られるバカ』は、『これをしたら嫌われるかもしれない』『失敗したらどうしよう』と言う考えに縛られ、怖くて動けない人のことを言います。堀江さんは、こんな事を考えているより、一回の成功に早く出逢うことを勧めています。

4.こんなバカは嫌だ

失敗をいつまでもひきずるバカ

私は最近職場である失敗をし、先輩職員2人に指摘を受けました。最後に見た、上司が充血した恐ろしい目で私を睨んだことは、しばらくの間忘れられない。自分の中で、「次は気を付けよう」と思っても、感情的に叱られて引きずられると、改善する気持ちよりも、落ち込む気持ちの方が大きくなってしまうなぁ。。。と今現在落ち込んでいます。と言うか、一つの失敗をいつまでも引きずったり炎上したりする風潮は、日本全体にあるのかなと思いました。

他人の噂話をするバカ

人生の大切な時間を、どうでもいい他人のことに費やしてしまう人。芸能人の事件や、人間関係のニュースは、その先に得るものがあまりないのではないかと思います。

こんなバカになりたい

私は、縛られず引きずらないバカになりたいと思いました。私の知っているある大学教授は、一度の離婚を経て再婚をしたそうです。その話を「離婚しちゃって一瞬落ち込んだけど、まいっか!つぎいこ!ってなったんだよね」と言いました。落ち込んだのが一瞬過ぎて衝撃過ぎました。こんな人に早くなって、落ち込みを忘れられるくらい忙しい毎日を過ごしたいと思いました。

本書を読めば、『良いバカ』になるヒントがきっと隠されていると思います。お勧めの一冊です。

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バカとつき合うな [ 堀江貴文 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2019/2/14時点)


 

 

プロのコピーライターが贈る、18年間蓄積させた『伝える技術』

f:id:Megumi_Shida:20190213161802j:plain『伝え方が9割』出版後に寄せられた素敵エピソードを、読者の方に届けたいと思い、パート2を執筆した佐々木さん。困難な状況を一変させて、劇的にうまくいった実践ストーリーをシャワーのように浴びることで、伝え方を身に付けましょうと佐々木さんは言います。今回は、伝える時に大切なステップと、本書で紹介されている実例から学んでいきたいと思います。

相手にイエスと言わせるために必要な3ステップ

1.自分の頭の中をそのまま言葉にしない

2.相手の頭の中を想像

3.相手のメリットと一致するお願いをする

ここで大切なことは、あなた視点ではなく、相手視点でお願いを考えることです。

伝える時に大切な、ある法則

私は佐々木さんの本を読んでいて、『相手にイエスと言わせるためには、ある法則がある』と気付きました。それは、

人は、快楽を求め、痛みを避ける

と言う心理です。これは、あなたにも、あなたの尊敬する人にも、マザーテレサにも、羽生選手にも当てはまることだと思います。そのため、それらを意識して声掛けをするとイエスの可能性が上がると考えられます。

〇快楽とは(例)

・好きなこと(趣味・思考)

・認められること

・自分が特別にされること

・人の役に立つこと

・自分が見てもらっていると感じていること

〇痛みとは(例) 

・嫌いな事

・身の危険

・運気が下がる

相手にしてもらいたくない事があったら、『〇〇したら運気が下がるってよ』『ここで遊ぶと子どもが怪我するよ』などと言った声掛けをする。

常に『相手にとっての快・痛みは何か』を意識して会話をすることで、あなたにとっても相手にとってもメリットが得られると思います。

今からでも使える、『伝える技術』

相手の好きな事を応用

「相手の好きなこと」を使えば、

 好感をもたれながら、

 こちらの希望を通すことができる。

 本書の中で、名前を変更しただけで、売り上げが10倍になった野菜のネーミングについて記載されています。サツマイモの『山田サツマ(仮名)』と言う名前を『生キャラメルいも』に変更したのです。とろけるような味わいや、滑らかな舌触りをズバリ当てたネーミング。ここから私は、ネーミングには『プレミア感』や『人気感』、『上質感』など、相手の心をわくわくさせるような要素を入れることが大切なのだと気付きました。

選択の自由を使って相手を導く

『デザートはいかがですか』と聞くと、甘い物好き以外は頼まないかもしれませんが、『デザートはマンゴープリンか、抹茶アイスがあります。どちらがいいですか?』と聞かれると、思わず選びたくなってしまう。佐々木さんは、『2つ以上の選択肢があると、人はそこから思わず選んでしまうのです。』と言います。

つまり、相手を動かすためには、Yes/Noを求める質問ではなく、Whichを使った質問が大切と言うことです。私の勤務する児童養護施設では、子どもは自宅から物を持ってきてはいけない決まりになっているのですが、おもちゃを持ってきてしまった子がいました。その子に、おもちゃを職員に渡すように伝えても嫌の一点張り。そこで、「いつになったら渡してくれる?今?それともお風呂前?」と聞いたところ、その子は「お風呂前」としぶしぶ答えたのです。

人の何百倍も何千倍も伝え方を考えたプロが贈る伝え方の技。あなたの力になる事間違い無しです!

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

伝え方が9割(2) [ 佐々木圭一 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2019/2/13時点)


 

 

一瞬であなたの人生を変えてくれる すごい呪文

f:id:Megumi_Shida:20190212214059j:plain

「イライラを抑えられなくて悩んでる」

「どうしてもネガティブ思考から抜けられない」

「行動力がない自分は駄目だ」

「片付けもダイエットも上手くいかない」

このような事を考えているあなたに、DaiGoさんは心境を激変させてくれるような魔法の言葉を紹介しています。今回は、多くの人が悩んでいる怒りやストレスと上手く付き合える呪文について学んでいきたいと思います。

DaiGoさんが紹介する【呪文】の効果

本書で僕が提案する【呪文】は、【声に出す(もしくは心の中で発する)だけで、あなたのコンプレックスやマイナス思考を「あなたが望むように」「劇的に」変えられるスペシャルなフレーズ】です。【呪文】という名にふさわしく、いずれもすごい力を秘めています。

 ストレスや怒りを感じた時に使えるフレーズたち

『今の怒り、何点くらい?』

このフレーズのポイントは、自分の怒りを客観視することにあります。そうすることで、感情と自分を引き離すことができるとDaiGoさんは言います。ここで大切なことは、あなたの『これだけは譲れない』ことをあらかじめ決めておくと、それ以外のことでイライラが増強した時に、『そもそもこれって別にこだわる必要なくない?』と冷静になることができることだと思います。施設で感情的になる子どもと接していると、私もそれに反応してしまい、冷静になると『あんなことで怒らなくても良かったよな。。』と反省することがあります。

『あ~、困った。また成長しちゃうぞ♪』

これは、「ストレスが健康に悪いと思った人は死亡リスクが上昇し、反対にストレスを悪者だと思わなかった人の死亡リスクは上昇しないどころか下がった」というアメリカで行われた大規模調査の結果をヒントに考えた【呪文】です。

 私は、逆境をプラスに変えてしまうこの言葉が大好きです。しかも、大切なのは文末におんぷマークをつけること。自分へ投げかける言葉を楽しいものにすることで、気分も上がるとDaiGoさんは言います。気分は、男気じゃんけんで勝った時に「よっしゃー!」と言うような感じでしょうか。。

施設で子ども達と暮らしていると、毎日必ず子どもと言い合いになったり、子どもに指摘をしないといけない場があり、気が滅入りそうになります。いつも「どうしよう。。」と悩み落ち込みますが、上記の呪文を使えば、トラブルも楽しめる気がします。

『ちょうどよかった、〇〇しよう♪』

失敗、損失があった時に有効な呪文です。私が心に残っているのは、何年も前に放送していたドキュメントの『石田さんちの大家族』。牛乳をぶちまける反抗期の子どもに対しては何も言わずに「ちょうどよかった、床が掃除できる」と床掃除を始めるお母さん。10年以上も前ですが、ずっとこのポジティブな思考が記憶に残っています。それだけ、困難や逆境に鈍感になり、プラスに捉えようとするお母さんの思考が私にとって重要だったのだと思います。

私は本書を読み、まずは、魔法のような言葉を知ることが、思考や行動の癖を変えるために必要だと感じました。本書では26の呪文と応用スキルが紹介されています。あなたの人生をプラスにしてくれるような素敵な言葉に出逢えること間違いなしです!

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

すっごい呪文 [ メンタリストDaiGo ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2019/2/12時点)


 

 

メンタリストDaiGoさんが贈る、あなたの運を上げるコツ

f:id:Megumi_Shida:20190211114038j:plain

あなたが、この題名の『ネガティブ』、『運がいい』のどちらに注目するかで、あなたの性格を知りたかったと言うDaiGoさん。

運が悪い人は、「ネガティブ」な言葉に強く反応し、運がいい人は「ポジティブ」な単語に反応する。これには心理学的な裏付けがあります。(省略)なぜなら、運のいい人は日常生活の中でも、ポジティブな面だとか、自分にとって運のいい場所に注目して生きている人だからです。

本書から、どうしたら私たちが運を上げることができるのかを学んでいきたいと思います。 

運には2種類がある

〇DaiGoさんの言葉

運にはコントロールできる運と、コントロールできない運が存在するとDaiGoさんは言います。コントロールできない運とは、産まれた国や環境、親のこと。これは誰にも選ぶことはできません。

〇コントロールできる運を上げまくったホリエモン

実業家の堀江貴文さんは、田舎産まれの田舎育ち、しかも母親がクレイジーな方だったそうです。母親と口論になった時に、包丁を突き付けられたこともありました。しかし堀江さんはその環境の中でも、自分のコントロールできることに集中し、「どうしたらこの現状を変えられるか」と考え続けた結果、東大に合格したり、ハマりにハマったプログラミング関係で会社を作り、今も躍進し続けています。

〇私たちが心にとどめておきたいこと

ここから私が学んだことは、コントロールできることを見極め、それに集中することが、運を上げる秘訣だと思いました。例えば人間関係で悩んでいる時、相手や環境のせいにしてしまうと思考が停止してしまいます。こんな時、

運をUPさせるコツ

運を上げるためには、

試行回数を上げること

精度を上げること

が大事だとDaiGoさんは言います。

例えば、素敵な人に巡り合える運を上げたいと思ったら、勇気を持って話しかけることが大切です(試行回数を上げる)。私はまだ知らない人に話しかける勇気がないのですが(悩んでいます)、そもそも話しかけてみて失うものはなく(自尊心が傷つくくらい)、話しかけることで、話し方の学びを得ることができ(精度が上がる)、そこで出逢った繋がりがあなたに幸せをもたらしてくれるかもしれません。

運を上げたければ、とにかく動くこと、その中で確立を高める事が大事だと言うことですね。

運がいい人の特徴とは

運がいい人には、次のような特徴があります。

〇こだわりが少ない(小さなことにイライラしない)

 こだわりが強いと、満足するまでのレベルが高くなってしまい、イライラの増強のもとになります。こだわりが少ないことで、『まぁそれもありかな』『食べたかったものが売り切れだったら別のを食べればいいや』と思うことができます。

怒りは、あなたのエネルギーを奪ってしまい、本当に大切なものを見せなくしてしまい、運からも成功からも遠ざけてしまうモンスターだと思います。視野が狭くなって、イライラしてしまいそうになったら、『そもそもこれって私にとって譲れないものじゃないよね、、』と思うと、気持ちが楽になるかもしれません。

〇自分は運が良いと思っている 

 運がいい人は、自分は運がいいと思っている人が多いとDaiGoさんは言います。それは、『運が良いと思っている人は、運が良い理由を見つけようとする』ためです。

あなたに嫌な事があったら、敢えて『ラッキー』と言ってみることをお勧めします

ご飯の約束を友達からドタキャンされたら

『ラッキー、お金浮いた!』

『ラッキー、時間が空いたから買い物にでも行こう』

通勤中の電車が止まったら

『ラッキー、読みかけの本が読める』

と言うように、あなたの思考次第で、精神状態や運の良さも変えられると私は思います。

〇平凡な日常を楽しんでいる 

運がいい人は、日常を楽しみ、自分の幸福に対する感度が高いとDaiGoさんは言います。私たちがその感度を上げるためにできることは、1日の終わりに、その日良かったと思うことを3つ日記などに書き出してみることをお勧めしています。 私も大学時代まではかなりネガティブでしたが、敢えて良かったことを日記に書くようにしたら、小さなことでも幸せを感じることができるようになりました。日記にすると、見返したときに『こんな考え方が変わったのか』と見返したときに変化が分かり面白いです。

本書には、運を上げるためのコツがたくさん紹介されているため、ネガティブ思考で悩んでいる方、運を上げたい方におすすめします。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ネガティブな人ほど運がいい!? [ メンタリストDaiGo ]
価格:1380円(税込、送料無料) (2019/2/11時点)


 

 

これからの時代を生き抜くために、あなたを革命してくれる一冊

f:id:Megumi_Shida:20190210215015j:plain

お笑い芸人として活躍後、絵本作家や著作者として躍進された西野亮廣さん。西野さんは、『ここからは、''好きなことを仕事化するしか道が残されていない''時代だ』と言います。それは、ストレスのかかる仕事(駅の自動改札機など)から自動化されているためです。

西野さんは、大好きなお笑い、絵などでを仕事として成り立たせています。本書に記載された西野さんの体験談をもとに、今後の大確変の時代を生き抜くためのスキルについて、学んでいきたいと思います。

本書から見る、西野さんの実績(本書著作時における1年間)

・魔法のコンパス~道なき道の歩き方~

 発行部数10万5千部

・絵本 えんとつ町のプぺル

 発行部数 32万部

 ※オリコン2017年上半期''本''ランキングでは、児童書部門としとタレント部門の2冠を達成

クラウドファンディング(2度実施)

 支援者数9550人

 支援額5650万円

この時期までのクラウドファンディングの合計支援額は1億円を突破し、クラウドファンディングの国内歴代トップに。

絵本は、1万部に到達するだけでもベストセラーになるのにも関わらず、30万部以上を販売してしまう理由は、西野さんの思考力・戦略力・分析力が超越しているためだと分かりました。

圧倒的な思考力

私が今後取り入れたいと思ったのは、西野さんのようなゼロベース思考です。

絵本作成中に、『そういえば、どうして一人で絵本を作っているのだろう』と思ったことをきっかけに、映画や会社組織のように、それぞれのプロフェッショナルを集めて絵本を作ってみたら面白い作品ができるのではないか、と西野さんは考えました。そこで分業制に必要な条件(主に資金面)をクリアし、これまでの絵本の作り方とは全く違った’’超分業制’’に成功しました。

ルールや枠組みを守ることに気を取られ、『そもそも』と考えることなく毎日を過ごしてしまう人も多いのではないでしょうか。私もそのうちの1人です。『そもそもこれってなんでこんな仕組みになってるんだろう』とゼロベース(そもそも論)に戻り、現状の仕組みや方法に対して疑問を持つことで、目標に対してのより良い方法の探索・改変に繋がるのだと思いました。

戦略力

 本書で西野さんは次のように言います。

努力量が足りていない努力は努力ではないし、「この努力は本当に正しいのか?」と疑うことをサボり、時代にそぐわない誤った努力を続けていたら、それもまた努力ではない。常識を疑い、実践し、修正点をあぶり出し、伸ばすべきポイントを徹底的に伸ばす。その繰り返しだ。その先にしか、未来はない。

西野さんは自然と商品が売れるように、さまざまな仕掛けを綿密にしています。

絵本はネット上で無料公開

 そもそも内容が分からないと買ってもらえない

 親子で読むには、現物が必要と考える

 SNS上で賛否両論する時点で宣伝効果になる

人がお金を払いたい時を考え、販売戦略を立てる

 体験・お土産に人はお金を出しやすいと着眼

 個展のお土産に絵本を販売

 そのために個展を増やす

 しかもその個展開催権をクラウドファンディングで販売する

 (他人の時間を借りて拡散していく)

SNSで拡散させる仕掛けを作る

 本の中に撮影スポットを作るために、大文字で要点を伝える、デザインの良いページを設ける

 SNSでタグ付けをすると、いいねを押しにいく

など、ここでは載せきれないくらいたくさんの仕掛けが散りばめられています。

西野さんが、SHOWROOM社長の前田裕二さんや、ビリギャルの塾講師の坪田信貴先生にも共通していると思ったことですが、圧倒的な成果を上げている人は、PDCAの量が周りと比べ者にならないくらい多いと思いました。私は彼らと比べると、天と地の差、むしろ天と地下の差と言っていいほど、私には思考の量が足りないと思い、自身の行動を改めなければならないと思いました。

本書は、これから自分の好きな事をしてお金を稼いでいきたいと思う人に、かなりお勧めです。そのヒントがたくさん詰まっています。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

革命のファンファーレ 現代のお金と広告 [ 西野亮廣 ]
価格:1500円(税込、送料無料) (2019/2/10時点)