すごい人研究所

すごい人の話を中心に、すごい人になるヒントをまとめるブログ

【スポンサーリンク】

感情のコントロール

カマたく さん -日常のストレス源を一刀両断してくれる素晴らしい人-

私はTwitterでカマたく さんと言う方を知ったのですが、皆さんご存知ですか。 カマたく さんはSNSで動画をあげられているのですが、それがスカッとしたり、楽しくなるような動画で、いつも楽しく拝見しています。 学生時代にいじめを受けていたと語るタンク…

海外転勤の自粛生活で精神が崩壊しそうになった話

海外転勤で学んだこと 無趣味の私は、海外に勤務しても何もすることがなく、暇な時間を過ごしていました。 友達に連絡をしても時間が余り、暇すぎてネガティブなことがたくさん浮かんできて、精神が崩壊しそうになりました。心が落ち込んだせいで、他人に執…

学生時代にクラスメイトを傷つけてしまった時の話

特に子どもの頃は、他人の事情が想像できない 子どもの頃の私は、他人を許せずに苛々した経験が数えきれない程ありました。しかしさまざまなタイプの人を見て、『いろんな人がいるんだ』と言うことを知ってからは、他人に寛容になってきたように思います。 …

恋愛や仕事を続けるための秘訣とは

昔は『今の状況を楽しみ、好きになる努力をすることで、恋愛や仕事を続けることができる』と言うことを学びました。 一方で最近の傾向として、離婚する人や、環境や人に適応できずに苦しむ人が増えているように思います。 ある本には『現代の人は昔の人より…

他人の機嫌を気にすると、とうなるのか

他者の機嫌を気にすると・・ 私は、アドラー心理学について書かれている『嫌われる勇気』を読んで、『他人の機嫌を気にすることは、他人の人生を歩むことに繋がる』と言うことを知りました。 以前このブログでは、怒りは他者を操作するための道具、と言うこ…

配慮できない人への考え方を考えた

配慮ができない人は一定数いる 先日friendfragranceさんのブログに、緊急事態宣言が解除された後に爆買いをした人の話が紹介されていました。 friendfragrance.hatenablog.com この方は、「店舗で買い物をするのを ずっと我慢していた」と言っていたとのこと…

怒らない、いつもご機嫌な人の特徴とは?

この話は、有川真由美さんの著書『感情の整理ができる女(ひと)は、うまくいく』に紹介されていました。 鍛えれば、『幸福に満たされて怒りを忘れる状態』は作れる 私はこの本を読み、随分と長く『喜びや楽しみ、好奇心、幸福感で満たされて、怒りを忘れた体…

上機嫌の作法 -上機嫌のメリットと上機嫌力を磨くためのヒント-

齋藤孝さん著書の『上機嫌の作法』を読み、上機嫌であることは他者との空間を祝福する、と言う言葉に惹かれ、上機嫌で穏やかな気持ちで過ごすこと自体が、価値のある事だと学びました。 齋藤孝さんが上機嫌になった理由 テレビで齋藤さんが登場する度に、私…

夫婦間のモラハラの原因と対処法 -嫉妬に悩む人の共通の対処法とは-

『スルースキル』著書でありカウンセラーの大嶋信頼さんは、『夫婦間のモラハラ問題の原因は嫉妬』と言います。今回は夫婦間の嫉妬について取り扱いますが、大嶋さんが紹介する嫉妬の仕組みとその対処法は類似しているため、夫婦間以外の嫉妬に悩んでいる方…

怒りの感情に込められたメッセージとは

怒りは出し入れ可能な道具 以前、『嫌われる勇気』を読んで、怒りの正体についてを紹介しました。 www.kakkoii-kosodate.info その時に学んだのは『怒りは他者を操作するため』。今回学んだ『あなたは間違っている、と相手を否定する行為』と言うことと似て…

上手くいかない先輩の口癖

先輩の思考の癖 職場の先輩は、何か問題が起きた時に、まず『誰かの悪いところ』を見つけます。しかし他人の欠点を探しても、問題解決は何も進まない上に、周りが悪口を聞くことで、嫌な気持ちが残ってしまうことにも気付きました。 不足やミスがあれば、自…

嫉妬を受けたらどうすればいいのか

嫉妬の条件 嫉妬をする条件として、嫉妬する側が『相手のことを下に見ている』ことと、嫉妬する側が『相手の方が優勢であることを感じた時』が挙げられます。著書では、『嫉妬している最中は能面のような無表情の顔になる』と記載されていたのですが、私は過…

スルーする技術 -気になってしまった時に効果的な魔法の言葉-

敏感に反応してしまう原因とは 著者の大嶋信頼さんは、幼少期母親から愛情を与えられずに育ちました。いきなり叩かれ、「私が子どもの頃はそんなことしなかったわよ!」と怒鳴られたり、怪我したのを助けてくれなかったりしたそうです。 その経緯があり、大…

還暦を過ぎても怒り続ける人の話

コミュニケーションがうまく取れない年配の人 以前働いていた職場では、誰よりも細かいところに目が行く年配の先輩がいました。仕事をする上で、先輩のように細かな気付きや配慮ができる人は中々いません。また気付いたことを共有し、指導することは後進の育…

愚痴のデメリットを知って、愚痴は言わない方がいいなと思った話

愚痴を言い続ける自分を考察 私は仕事で嫌なことがあると、逐一交際相手に愚痴をこぼしていました。例えば、職場の人が自分よがりなことや、組織が理不尽な決定をしたなど、仕事から帰るたびに、交際相手に愚痴を聞いてもらっていました。 しかし愚痴を言っ…

休日の昼寝の後に感じる罪悪感を消す方法

睡眠不足のデメリットがあまりにも多すぎた 私はこれまで、睡眠時間を削って努力する人をたくさん見てきて、『眠い事を我慢してがんばることはすごいこと』と思っていました。そして私自身も、できるだけ睡眠時間を削って学習や仕事をしてきました。高校時代…

子どもが誤魔化したときの関わり方について反省した話

大人の関りが子どもに窮屈さを感じさせてしまっていた 私は『子どもに正直になってもらいたい』、『しっかりとした生活習慣を身に付けて欲しい』と思いながら、子どもと関わっていました。しかしその関わりのせいで子どもに窮屈さを感じさせてしまっていたこ…

他人の不機嫌に耐えられなかった私が、怒りをスルーできるようになった話

怒りは誰の責任か 子ども時代、親が感情に任せて暴れる光景を目にしていた私は、『自分の行動が他人の感情に大きく影響する』と言うことを実感していました。そのため、自分の言動や他人の感情に、かなり敏感でした。 それとともに、私自身も感情をコントロ…

ひろゆきさんの勧める、ストレス回避方法とは

自分より状況の悪い生き方を知る ひろゆきさんの子ども時代、周りには働かずに生活保護を利用している大人や、うつ病の人、離婚をする夫婦が普通にいたそうです。そのためひろゆきさんは今より状況が悪くなっても生きていけることを肌で感じました。ひろゆき…

嫉妬、批判、苛々の一因とは

私は堀江貴文さんと茂木健一郎さんの本を読んで、嫉妬、批判、苛々の一因は、自分が我慢する事、そして我慢を押しつけることだと言うことを知りました。 我慢をする日本人 日本人は、我慢をすることが美しいと考える人が多いのではないかと思います。例えば…

感染症のあれこれで精神が崩壊しそうになった話

緊張状態が続く中、大変おつかれさまです。大切な人の命を守るためにも、ストレスのかかる状態が続いている方が多いと思います。 私の働く児童養護施設では、『外出自粛要請』の状態下で、子どもの外出を制限できずにとても困っていました。四六時中コロナウ…

命について考えたこと

人身事故に遭遇 先日電車通勤をしていたところ、駅付近で電車が急停車。踏切で人身事故があったとアナウンスがありました。 10分もしないうちに、10台近くの消防車やパトカーが駆け付け、現場は騒然としていました。青いビニールを持って車両の後方に走って…

2ちゃんねる創設者ひろゆきさんが勧める『人と比べないための思考法』とは

エッグスタンドの話を考察 ひろゆきさんからは、『自分の軸をしっかり持ちながら比較対象を見つめることで、それがエッグスタンドに置き替えられる』ということを学びました。 今はSNSやネットを通して、さまざまなな『羨ましい、良いなぁ』と思うことが増え…

効果抜群!ムカつくあの人を一発で黙らせる対話術

『ムカつく相手を一発で黙らせるオトナの対話術 (バルバラ・ベルクハン著)』を読んだ私は、『嫌な事を言われた時は、言い返す力が無くてもこんなに簡単な対処方法があったんだ』とホッとしました。この本を読んで、発言を受け取るか・受け取らないかは、私…

堀江貴文さんが提唱する、感情的になりにくくなる方法

〇隣人やすれ違いの人にも苛々していた私 数か月前、私のアパートの隣に、若い女の人が引っ越してきました。しかしその隣人は、夜から朝にかけて物音がうるさく、しきりにガタガタさせたり、声が丸聞こえな状態で電話をしたりして、静かに過ごしたい私はとて…

苛々した時に役立つ『こだわり等級』

実は最近も、一緒に仕事をしている人に対して苛々してしまいました。。 でもこだわり等級で苛々を振り返ると、今回の苛々も、今まで苛々してきたことは『どちらでも(どうでも)いいこと』が多いことに気付きました。 イラッとし始めたら、こだわり等級につい…

満員電車の苛々が軽減した話

私は満員電車が大の苦手で、それについては以前ブログでも紹介しました。www.kakkoii-kosodate.info でも、満員電車に乗らなければならないすべての状況を作っているのは自分だということに気付き、文句を言う意味の無さに気付きました。そして、『幸せな時…

調子が悪い時に回復に向かうきっかけになった話

最近すごく調子が悪かったのですが、ふじぼうさんや、ブロガーさんたちの言葉に触れて、回復に向かってきました。ありがとうございます。 fujibo.hatenablog.com 前向きな考えに触れることによって、気持ちの持ちようが変わって、調子が良くなるんだな、と思…

苛々に即効性があると感じた対処法

苛々の元凶が近くにあると、私は『平常心でいなきゃ』とか、『苛々しちゃだめだ』と考えてきましたが、苛々が増幅し、抑えられずに感情が爆発してしまった経験が数えきれない程あります。 しかし先日、苛々し始めた時『何も言わずに離れる』ことをしてみたら…

パワハラする人の特徴を知った話

職場で攻撃的な人、圧力をかけてくる人は『〜であるべきだ』、『しなければならない』と発言することが多いことに気付きました。 本人にとっては、それが正義。正義だからなかなかやり方を変えない。気が付かないうちに周りの人を攻撃し傷つけている。 私も…