すごい人たちの話

すごい人の話を中心に。すごい人になるヒントをまとめるブログ

【スポンサーリンク】

感情のコントロール

注意する時にされたら嫌だと感じたこと

2つの職場で人格まで否定されるような注意の仕方をされると、『自分って、相当仕事できないのかな・・』とも思いますが。 それでも、上司は『人格』は否定せずに、『行動』だけを指摘した方が良いと思いました。無視や距離を置く態度が入ると、注意された側…

睡眠不足で苛々する理由と、睡眠の役割

睡眠は、脳を休めたり、私達の身体のメンテナンスをしたりと大切な役割をしている事が分かりました。良く働いてくれた脳も体も、労わるように少しでも長く休ませたいですね。 〇参考にさせていただいたサイト ブレーキが効かない 睡眠不足の人がキレやすいワ…

落ち込む一因を知り、変わることができた話

動画で紹介された、プロ野球選手については、次のブログで紹介しています。 www.kakkoii-kosodate.info 最近もたまに落ち込むことはあるのですが、そういう時は時間が有り余っている時が多い印象を受けます。そういう時は、敢えてやるべきことを見つけ、忙し…

怒らな過ぎて逆に怖がられる友達から、他人の苛々の回避方法を教わった

私は、この友達と20年以上の付き合いになりますが、苛々したところを一度も見たことがありません。本当に尊敬しています。 彼のすごいところは、他人が感情をぶつけてきても、『自分が悪い』と思いすぎないところ。何か問題があった場合は、『行動』を直す…

なぜ年をとるとキレやすくなるのか

脳や身体の老化は避けられないものです。しかし、だからと言って怒っても良いと言うわけではないと私は考えています。 苛々が抑えられない人は、怒りをコントロールする努力を、周りの人は、可能な限りその人の事を理解し、サポートする努力が大切だと思いま…

こんなパワハラは嫌だ -厚生省が示したパワハラ6種類-

厚生労働省では、パワハラの事を、次のように定義しています。 「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」 今では4人に1人が…

『自分の課題を話す=怒られる=怖い』と言うイメージから抜け出せない子ども達

施設の子どもの多くは、怒られることが怖くて自分の課題になかなか向き合うことができません。これは一般家庭でも、職場の上下関係でも言えることかもしれません。 大人が最初にするべきことは『子どもに感情的にならない事で、安心して話せる環境を作る事』…

人に執着しすぎてた私が変わった話

私はこの一言に出逢って、執着しにくくなりました。この考えは、アドラー心理学の『課題の分離』の考えと似ていると思いました(下のブログで紹介しています)。 www.kakkoii-kosodate.info みやぞんさんが言っていましたが、100年後には、みんな死んでい…

里子の友人が感じた、親にしてもらった忘れない事

子どもは乳幼児の時期に、親から大切にされることにより、その親を心のよりどころとし(安全基地とし)、さまざまな冒険をして成長していきます。安全基地があることにより、嫌な事があっても『自分は大丈夫』と思うことができ、安定します。落ち着いて人間…

相手への不満が軽減する考え方を学んだらラクになった

職場の方は、仕事漏れが多かったり、パソコン画面に麺類の汁を飛ばしたりするのですが。。 『~してもらってるから』と考えれば、相手に対する不満が軽減することが、最近分かりました。

脳の老化を防ぐためにはどうしたらいいのか

年を重ねると話が長くなる理由については、過去のブログをご覧ください。 www.kakkoii-kosodate.info 脳の老化防止のためには、よく頭を使うことが良いと言うことが分かりました。これについて調べている時、自身の行動を振り返って、思考が省エネモードだっ…

PMSだけではなく、落ち込む時期に支えになる周りの存在

この経験を経て私が大切だと思ったのは、自身の症状や、困っていることを周りの人に伝えること。分かってくれる人は分かってくれ、助けてくれました。 苦しい時期に離れずにいてくれた人。その人たちのおかげで今があります。本当に、ありがたいことだなぁ。…

PMSで人生狂ってた私が、改善するまでの話

PMSについては、以前書いた記事をご覧ください。PMSとは、女性が生理前に苛々や体調不良を訴える症状です。 www.kakkoii-kosodate.info 私の場合は精神的な影響が大きく、そのせいで人間関係が上手くいかなかったり、離れていった人もいました。当時はどん底…

男性の認知度は1割 けっこう辛い女性の『PMS』

〇PMSとは 女性の半数以上が症状を感じている月経前症候群(premenstrual syndrome : PMS)。PMSの原因は、女性ホルモンが増減することにより、体のさまざまな部分にストレスがかかっているのではないかと言われています。 女性が感情を抑えられなかったり、…

怒りの対処法③ 人との距離感の掴み方

同じクラスや職場で、『何でこんなにいい加減なの?』などと苛々することが多かった私。でも、友達の話を聞いて、『すべての人に、同じように一生懸命関わらなくてもいい』と言うことを学びました。 人との距離感がつかめなかった私ですが、友達のこの話のお…

怒りの対処法② 苛々とさよならできる口癖

友達が教えてくれた、『よかった』と言う口癖。この口癖のすごいところは、『よかった』の後は、ポジティブな言葉や考えが出やすいところです。例えば、 ・失恋した→よかった、きっともっといい人に出会える ・失敗した→よかった、早くに失敗できて、成長も…

怒りの対処法① アドラー心理学との出逢い

ベストセラーの嫌われる勇気を読み、『課題の分離』は、人間関係の苛々にも、子育てにも、とても効果的だと思いました。 人間関係や子育てで悩んでいる方にとって、『嫌われる勇気』は気付きも多く、考え方が変われるきっかけをくれるかもしれません。おすす…