すごい人たちの話

すごい人の話を中心に。すごい人になるヒントをまとめるブログ

【スポンサーリンク】

ノーベル賞受賞 山中伸弥さん -繰り返す挫折と、前に進み続けた人生-

f:id:Megumi_Shida:20190930182106j:plain
f:id:Megumi_Shida:20190930134109j:plain

f:id:Megumi_Shida:20190930134255j:plain

f:id:Megumi_Shida:20190930134258j:plain

f:id:Megumi_Shida:20190930134303j:plain

f:id:Megumi_Shida:20190930134309j:plain

f:id:Megumi_Shida:20190930182258j:plain

f:id:Megumi_Shida:20190930182506j:plain

山中伸弥さんは、自身の人生を振り返り、『人間万事塞翁が馬』と言います。

人間万事塞翁が馬とは

昔中国に住む一老翁の飼っていた馬が、ある日胡(こ)に逃げて行ってしまったが、その後、胡の名馬を連れて帰ってきた。しかし翁の息子がその馬から落ちて足を折り、災難を被る。だが息子は、骨折のおかげで、のちに起こった胡人との戦いの参戦へも免れ、死なずに済んだという言い伝え。

つまり、人間の幸、不幸は変転し定まりないものだというたとえ

山中さんは整形外科医時代挫折がありました。また留学後日本での研究環境に苦しみます。しかし山中さんはその都度、環境を変えたり、目指すところを変え、苦しくても行動し続けています。それにより、次第にその状況も変わっていきました。

うまくいかないことが良いことに繋がることもある、不幸だと思っていた出来事の次に、幸いが訪れることがある。そのため目の前のことに一喜一憂せずに、淡々と動き続けることが大切だと言うことを、山中さんから学ぶことができます。

〇参考にさせていただいたサイト

ノーベル賞・山中伸弥教授 挫折がiPS細胞研究につながった - ログミーBiz

ノーベル賞・山中伸弥教授「500匹のマウスを1人で世話してた」 iPS細胞発見までの苦労話 - ログミーBiz

手術が苦手で逃げ出した、鬱病にもなった - ノーベル賞・山中伸弥氏が高校生に贈った言葉は「人間万事塞翁が馬」 - ログミーBiz

ノーベル賞・山中伸弥教授 挫折がiPS細胞研究につながった - ログミーBiz