すごい人たちの話

すごい人の話を中心に。すごい人になるヒントをまとめるブログ

【スポンサーリンク】

あなたの才能の見つけ方 -意外な方法で才能は見つかる-

f:id:Megumi_Shida:20190228195001j:plain

本田健さん著書の『自分の才能の見つけ方』。

今回は、才能を使った人生はどうなるのか、才能はどのようにして見つけるのかについてを学んでいきたいと思います。

才能を使った人生はどうなるか

才能を使って生きている人とそうでない人の最大の違いは、「自分の人生を楽しんでいるかどうか」本田健さんは言います。才能を使って生きている人は、自分の人生を心から楽しんでいます。好きなことをして、周りの人に感謝される。好きな事だからもっともっと面白いことはないかと考え、毎日をわくわくして過ごすことができるのです。人生を楽しんでいるから人や依頼が寄ってくる。素晴らしい人との出逢いにも恵まれる。

一方、なんとなく高校や大学を卒業して、縁のあった会社に入社した人、なんとなく親の商売を引き継いだ人は、自分の才能を生かしきれていない可能性が高く、楽しさを見出すことは難しいように感じます。「自分のやりたいことはこれだ!」と思って始めたことではないため、どうにもならない不満に悩む日々を過ごすかもしれません。

才能の意外な見つけ方

本田健さんは、才能は意外な視点で見つけることができると言います。

才能を見つける方法① イライラした時

本田健さんは、『あなたがイライラした時に才能が見つかる』と言います。イライラするポイントは、あなたがこだわりを持っている事、つまり人より感性や能力が優れており、才能がある可能性があります。

私は店員さんの接客に不満を感じることが多く、あまりにも接客態度が悪い時は、イライラを抑えられずに早めに飲み会を切り上げたこともあります。店員さんがレシートを渡す時に発する一言も逃さず、『この人何も考えてないんじゃないかな、、』と思うことさえあります。このことから、もしかしたら私はコミュニケーションの才能があるのかもしれないと考えました。

あなたがイライラするポイントはどこですか。その切り口で、あなたの才能が見つかるかもしれません。

才能を見つける方法② 才能は、叱られたことの周辺にある

 本田健さんは、あなたが今まで叱られたことのある事が才能である可能性があると言います。

子供のときに抑えられないエネルギーがあった場所に、才能は眠っています。

たとえば、「もっと外に出なさい」と言われた人は、ずっと部屋に閉じこもって本を読んでいたり、絵を描いていたはずです。これが、まさしく才能なのです。このことから、あなたには、じっくりと創作活動をする才能があることがわかります。

叱られたところは、大きな才能ポイントなのです。

あなたは、小さい頃に叱られたことがありますか?

大人になって社会に出てからでも怒られることは、その人の才能である可能性が一番高いでしょう。

(省略)叱られるポイントは、世間的に見たら、やってはいけないことです。だから、逆に言えば、他人が持っていない、あなただけが持っている才能である可能性が高いわけです。 

他にも、才能の見つけ方の方法として、落ち込んだり嫉妬が出た時、悲しくなった時、わくわくした時に見つかるなど、たくさんの方法が紹介されています。

また本書では、あなたが「これが才能だ!」と思っても開花しない時、次のステップに進むための方法も紹介されています。

自分の人生を、もっと楽しみたいと考えている方に、お勧めの一冊です。