【スポンサーリンク】

『伝え方が9割』から学ぶ子育てのスキル

f:id:Megumi_Shida:20190113232016j:plain
国内外でコピーライターとして活躍している佐々木圭一さんの著書『伝え方が9割』。本書では、相手にお願いをする時の返答「ノー」を「イエス」に変える技術を紹介しています。今回は本書から学んだ、特に子育てに活かせるような技を2つ紹介いたします。

佐々木圭一さんとは

コピーライター/作詞家/上智大学非常勤講師

上智大学を卒業後、博報堂を経て、株式会社ウゴカスを設立。もともとコミュニケーションが得意ではなかったにも関らず、コピーライターとして配属され、ストレスで1年で10キロ体重増。良い言葉が集まっていると言う詩集、書籍などを読みあさり、ノートに書き写す日々。膨大な量の言葉を見ていくうちに、『心を動かすコトバには、法則がある』と気付く。そこからコトバの法則を見つけ実践する日々に変わり、作詞の依頼が来てそのアルバムがオリコン1位になったり、50以上の国内外の賞を積み重ねる。 

1.あなた限定

もともと人は「あなた限定」に弱いです。何十万円もするツボとか買ってしまう人がいるほど弱いです(笑)。(省略)「あなた限定」からつくるこの技術が効くのは、実は、沢山の人数にお願いするときです。例えば、誰も行きたくない自治会のミーティングに誘う時の伝え方。

自治会のミーティングに来てください」

 →あなたのメリットでしかない。

「他の人が来なくても、斉藤さんだけは来てほしいんです」

 →その人の名前を使い「私こそが必要と思ってくれている」と思わせ、心を満たすことで相手のメリットに変える。

佐々木さんは、沢山の人数にお願いする時に「あなた限定」が使えると言っていますが、私は子育てにおいても、子どもが大切にされると感じ、自己肯定感を高めるためにも、『あなただけだよ』と言うメッセージが使えるのではないかと思いました。

例1.「〇〇ちゃんにしか話せないんだけどさ~」

と言い始め、1人の子どもに話します。私がこのように話された時、『私は秘密の話をしてもらうくらい大切にされてるんだ』、『他の誰でもなく、私に話してくれている』、『私って頼られてるのかも』と言う気持ちになり、その人に対する好意が一気に上がります。しばらくして、子どもも自身の話をしてくれる機会が増えるようになり、関係性が深まったことを感じました。特に大きな子どもには「ここだけの話なんだけどさ」、「ちょっと聞いてほしいんだけどさぁ」などと話をします。ただし、第三者に話が漏れてしまった時にトラブルになったことがあったため、本当にバレたらまずいことは話すことは危険だと痛感しました。

例2.「~してくれるのは〇〇くんだけだよ。。いつも本当にありがとうね」

 子どもが進んで手伝いをしてくれた時などに、このように伝えるようになりました。それは、過去に私がこのように言われた時、

『私はこの人にとって特別な存在なんだ』

『私はこの人の役に立てている。喜んでもらえてうれしいなぁ。』

『もっと喜んでもらえることはないかな』

と嬉しい気持ちになった経験があったためです。このように子どもに伝え続けた結果、子どもが進んで職員の仕事(掃除)まで手伝ってくれるようにまでなりました。ただし、このように子どもをほめる時は、他の子どもがいない時に言うことがお勧めです。他の子どもがそれを聞くと、『ぼくのことはほめてくれないんだ』と思ってしまうためです。

例3.オリジナルメッセージを送る

例えば子どもに物を借りて部屋に置いておく時、部屋にメモを残す時に、「本貸してくれてありがとうね!」「洗顔材買っておいたよ~」とメモするのに加え、「昨日は〇〇手伝ってくれてありがとう。私の話まで聞いてもらえて、とっても楽しかった。△△ちゃんがいてくれてよかったです。あと5日でテストだけど、勉強がんばってね!」などと『あなただけに送るメッセージ』を一言二言つけると、子どもは、自分のことを大切にしてもらっていると感じることができるのではないかと思います。 

2.チームワーク化

お願いを相手任せにするのではなく、「いっしょにやりましょう」とあなたと相手をチームワーク化するのです。人はひとりだったらしないことをするようになります。人はもともとコミュニティを大切にし、集団行動する動物です。誰かがやるなら自分もやりたくなるのです。(省略)例えば、勉強嫌いの子どもに勉強させるとき、どう言ったらいいでしょう?

「勉強しなさい」

→あなたのメリットでしかない。

「いっしょに勉強しよう」

→面倒なことであっても、人といっしょであれば動くもの。

子どもを持つすべてのお父さんお母さんに耳寄りな方法です。

 私がこれを読んで実践しているのは、『一緒に』と言うメッセージ。片付けをしない子どもに対し、「片付けして」と伝えても無視されるか「イヤだね」と言われますが、「じゃぁ私が服をタンスにしまっておくから(私も一緒にやるから)、○○くんはその間に机とベッドの上片付けておいて」と伝えると、ほぼ100%子どもが動くようになりました。しかしあなたの手が離せない時も有効な場合もあります。朝食作りで忙しい時に「先生、~探すの手伝って」などと呼ばれる場合もありますが「ごめん、今△△くんの大好きなソーセージ焼いてるから手が離せない」と言うと、子どもは「わかったー」と言います。ここでも、大人が子どものことを想って動いている最中である事を伝えることがポイントかなと思います。

本書は、

・できるだけあなたの思い通りになる話し方を知りたい

・メンバーに気持ちよく動いてもらいたい

・恋活中。気になっているあの人をデートに誘いたい

・家族との関係を円滑にしたい などなど

とにかく、『コミュニケーションスキルを上げたい!』と思う方にお勧めの一冊です。読んで実践すればあなたの人生が変わると思います。おすすめです。

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

伝え方が9割 [ 佐々木圭一 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2019/1/13時点)