【スポンサーリンク】

あなたの人生を豊かにしてくれる『メモの魔力』

f:id:Megumi_Shida:20190131093656j:plain

SHOWROOM社長の前田裕二さん著書の『メモの魔力』を読んでから私は、良く考える習慣がつきました。まだ読んでいなくて、人生をより充実させたい方に是非お勧めです。

本書の魅力

1.前田さんの生きる姿勢を学ぶことができる

2.人生を豊かにしてくれるメモの取り方を知ることができる

3.あなたの人生を豊かにする『質問』が豊富にある(1000問の自己分析など)

前田さんの姿勢

前田さんは、メモを取る姿勢について、本書で次のように表現しています。

映画や演劇などを観ていても、気付いたことを相当な分量メモします。おそらく、一つの作品につき、多いときで100個以上、少なくとも数十個のポイントはメモしていると思います。「あの舞台どうだった?」と聞かれて、「最高だったよ。感想は10個あってね・・」と言って、逃げられたこともあります(笑)。街に出るときも、「あの看板ってなぜあんなデザインなのかな?」「この広告のコピーはなぜこうしたんだろう?」と、自分の心がたくさんの情報をキャッチできるように、いつも思い切り毛穴をむき出しにして歩いています。街と対話して、考え、気づいたことを、よく立ち止まってはメモしています。

前田さんは就活時、自己分析を深めるために内省メモを続け、自己分析ノートは最終的に30冊を超えたと言います。また現在平日18時間は仕事があるにも関わらず、寝る前に1日1時間は自分との約束を作り、考える時間を作るそうです。

本書には、前田さんの熱量の根源となるものがたくさん詰まっているため、読者の思考や行動に良い影響が与えられると思います。私は(自分が考える)すごい人の考えに触れると、自分の思考も良い方向に影響されると考えています。例えば、私は最近まで抑えられない食欲で悩んでいましたが、『仕事を定時で終わらせるために猛烈に集中してたら食べる時間なんてなくて、気付いたら20キロやせていた』人の話を聞いていると、『なるほど、じゃぁ仕事を忙しくしちゃえば食べることなんて忘れられるんだ』と思い、仕事に集中していたところ、食べることへの執着が激減しました。

メモの魔力を実践したらこうなった

〇メモの魔力を読む前の私

私はこれまで、ノートの書き方が充実していないことに悩んでいました。最近は1日に1冊本を読み書評を書いていますが、しばらくするとその内容を忘れてしまうこともありました。また読んだ本は、本棚の上に山積みになっていました(下の写真)。せっかく本を読んで学んだことも、生活や仕事で使うレベルまで落とし込めておらず、充実感を得られていませんでした。

f:id:Megumi_Shida:20190131093823j:plain

最初は下の写真のように、本から学んだことをメモして書いていましたが、本の中で響いた言葉をまとめるだけのメモの取り方をしても、メモを見返したことは一度もなかったため、途中からメモを取ることを諦めていました。f:id:Megumi_Shida:20190131095013j:plain

〇前田さんのメモの方法

前田さんは本書で、ノートの書き方を伝授してくれています。それは、主にノートに3つのことを書くことです。

①ファクト:事実(左ページ)

②抽象化:物事の本質を考える(右ページ)

③転用:今後具体的に何をしていきたいかを考える(右ページ)

前田さんは、メモを取るうえでまず大切なことは『抽象化』だと言います。抽象化とは、私たちが皆使ったことのある数学の公式や定義のようなものだと私は思います。数学の公式がわかっているから、さまざまな問題が解ける、応用が効く。公式が分かっていないと、問題を解くことは難しい。抽象化と言う作業は、さまざまな事実からあなたの公式を導き出し、あなたの人生を豊かにするために使うこと(転用)につながるものだと思います。

〇前田方式を使ったら学びの量が激増した

前田さんの教えの通り、学んだ事の他に、抽象化と転用を加える書き方(右ページを加える)に変更しました。その結果、本から得られた事、今後どう活かせるかを深く考えることができるようになりました(下の写真)。

f:id:Megumi_Shida:20190131101750j:plain

〇前田方式を活用するメリット 

①本の内容を血肉化できるようになった

今までは、本に書かれている事を丸写しして終了していたものが、『今後この学びをどう使おう』と考えるようになったことで、思考の量が激増しました。

②本の内容を深く理解することができるようになった

本を消化する時間が増えることで、腑に落ちたり、納得したりすることが増えました。

これは、抽象化の作業により、大切なポイントは何かをはっきりと考える時間ができたためだと思います。

③未来の自分への肥料ができた

転用化を考えることで、仕事で、生活でその公式をどう活かすかを深く考えることができるようになりました。

私は今まで、前田さんのようにメモを取りまくる人を見たことがありません。それは、私を含めた世の中の殆どの人がこのような習慣を身に付けていないという事が言えると思います。あなたもこのメモを取る習慣を身に付ければ、1日が、1年、人生が変わるはずです。是非手にとって読んでみてください。