すごい人たちの話

すごい人の話を中心に。すごい人になるヒントをまとめるブログ

【スポンサーリンク】

『悪いバカ』の共通点を考察

f:id:Megumi_Shida:20190214214017j:plain

本書では、様々なバカについて説明しており、お二人は『悪いバカ』になるな、バカとはつき合うなと言っています。今回は、本書で紹介する『悪いバカ』の共通点を考察していきたいと思います。

1.バカは思考放棄している

『人と同じことをやりたがるバカ』、『我慢を美徳にしたがるバカ』、『自分の常識を平気で振りかざすバカ』などの共通点として、思考放棄をしているところにあると思いました。『世の中で良いと言われているから』、『これは良い事だから』と、本当の理由を考えようとはせずに、表面的な思考で物事を判断している人のことを言います。根本的な事を考えず、周りに流される人生は、その人が心から納得する人生は歩めないのではないかなぁと思います。

2.他人に自分の意見を押しつけようとする

特に思考放棄をしている人に関して、自分の意見を押しつけるような人が多いと考えられます。『良いと言われているから、この人にもその良さを広めたい』と思っているのでしょうか。また、他人をコントロールしたいのでしょうか。長く言い伝えられている言葉で、『馬を湖に連れて行くことはできるが、水を飲ませることはできない』と言う言葉を聞いたことがあります。つまり、人は他人をコントロールなどできないのです。私はこれを知ってから、思い通りに動いてくれない(例えば、早く仕事してほしいとか)他人に対してイライラすることが殆どなくなりました。他人に変わってほしい、意見を言いたいと思っている人は、この言葉を心に刻んでおくと、他人の事よりも、自分ができることに集中できるかもしれません。

3.色々なものに縛られている

自身に当てはまると思ったのは『先に設計図を書きすぎるバカ』。これは、企画を思い立ったら入念に計画を立てすぎてなかなか行動に移せない人の事を言います。まさに私です。。崖から飛び降りながらパラシュートを設置するくらいの勢いで行動に移そうと思いました。

また、『ネガティブな未来の可能性に縛られるバカ』は、『これをしたら嫌われるかもしれない』『失敗したらどうしよう』と言う考えに縛られ、怖くて動けない人のことを言います。堀江さんは、こんな事を考えているより、一回の成功に早く出逢うことを勧めています。

4.こんなバカは嫌だ

失敗をいつまでもひきずるバカ

私は最近職場である失敗をし、先輩職員2人に指摘を受けました。最後に見た、上司が充血した恐ろしい目で私を睨んだことは、しばらくの間忘れられない。自分の中で、「次は気を付けよう」と思っても、感情的に叱られて引きずられると、改善する気持ちよりも、落ち込む気持ちの方が大きくなってしまうなぁ。。。と今現在落ち込んでいます。と言うか、一つの失敗をいつまでも引きずったり炎上したりする風潮は、日本全体にあるのかなと思いました。

他人の噂話をするバカ

人生の大切な時間を、どうでもいい他人のことに費やしてしまう人。芸能人の事件や、人間関係のニュースは、その先に得るものがあまりないのではないかと思います。

こんなバカになりたい

私は、縛られず引きずらないバカになりたいと思いました。私の知っているある大学教授は、一度の離婚を経て再婚をしたそうです。その話を「離婚しちゃって一瞬落ち込んだけど、まいっか!つぎいこ!ってなったんだよね」と言いました。落ち込んだのが一瞬過ぎて衝撃過ぎました。こんな人に早くなって、落ち込みを忘れられるくらい忙しい毎日を過ごしたいと思いました。

本書を読めば、『良いバカ』になるヒントがきっと隠されていると思います。お勧めの一冊です。

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バカとつき合うな [ 堀江貴文 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2019/2/14時点)