すごい人研究所

すごい人の話を中心に、すごい人になるヒントをまとめるブログ

【スポンサーリンク】

『すごい人の話を知る魅力』を最初に体験した時の話 -ブロガーバトンと共に-

今日は、私のブログの原点になった体験について紹介させてください。

f:id:Megumi_Shida:20200621142326j:plain

f:id:Megumi_Shida:20200621142339j:plain

f:id:Megumi_Shida:20200621142343j:plain

f:id:Megumi_Shida:20200621142352j:plain

f:id:Megumi_Shida:20200621142413j:plain

f:id:Megumi_Shida:20200621152511j:plain

f:id:Megumi_Shida:20200621152546j:plain

先人が築いた知恵を学ぶことで、心が安定し、最近は人間関係で大きく崩れることが少なくなりました。偉業を成し遂げたり努力を続けられる人は、感情のコントロールが上手な気がします。悩み苦しむ時間を減らすことができるから、努力の時間を増やすことができて、成長し続けられたり、人生が上手く行くのではないかと思いました。

先日きよさばさんが、『IKKOさんのメッセージを読んで、勇気をもらった』と言う話をされていました。私もこの話を知ってから、子どもと言い合いになった時も、自分に『大丈夫、大丈夫』言い聞かせて、心が落ち着く体験をしました。

www.kiyosanblog.com

IKKOさんの話がきよさばさんの心を救ったように、きよさばさんが私の気持ちを救ったように、誰かの話は、人に勇気を与える大きな力になると、最近また思うようになりました。

私は親友の一声があり、大きく前進することができました。親友の言葉がなかったら、今の私はいないですし、今もっと違う人生を歩んでいたと思います。親友がすごい人を紹介してくれたように、私もブログを通して、すごい人達の『こんなところがすごいよ!』を紹介することで、このブログを読んでくださった方の人生がちょっとだけでもいい方向へ向かってくれたら、とっても嬉しいなと言う気持ちでブログを始めました

今回ブログの原点を考えたきっかけ

それでなぜこのタイミングがきっかけかと言いますと、Sさん(id:odanoura)からブロガーバトンをいただいたからです。

www.desunenote.com

ブロガーバトンとは、①自分のプロフィールを下のシートに書いて、②一番古い記事とお気に入りの記事を貼って、③次にまわしたい人をidコールすると言うものです。

プロフィールを紹介するんだったら、自分がこのブログを書き始めたきっかけを一緒に紹介できたらいいなと思いました。

f:id:star-watch0705:20200612204641j:plain

書きました。

f:id:Megumi_Shida:20200621145719j:plain

ブログのジャンルですが、すごい人の話以外に、職業柄子育てや感情のコントロールを学ぶことが多いので、それについても紹介させていただいています。これらもすごい人になるための話に繋がるかなぁと思っています。

ブログを始めたもう一つの大きなきっかけが、ある知り合いのブロガーさんが、ブログの活動を生き生きとされていたことです。また前職でブログに取り組んだ時に楽しい!と思ったのと重なって、始めてみました。

ブログは、やりたいと思って始めたんだから、これからもっと楽しい時間が増えると嬉しいなと思います。

一番古い記事

www.kakkoii-kosodate.info

お気に入りの記事

www.kakkoii-kosodate.info

これが一番最初に描いた漫画ブログ。描いている途中で、色々な方からブログの書き方についてコメントをいただいて、初期よりも見やすくなりました。コメントをいただけるってありがたいことだなぁと思います。

バトンはこの方に渡したい!

いつも楽しく交流をさせていただいている方はたくさんいるのですが、今回は塾パパさん (id:jukupapa) と、ガネしゃん さん(id:yu_me_po-lly)、もし可能でしたら、バトンを受け取っていただけますか?(拒否もスルーも大丈夫です!)

私が購読しているほし氏さんとSさんのバトンブログを紹介させていただきます。

star-watch0705.hatenablog.com

www.desunenote.com

私はこういう企画ものにノるタイプではないですし、学生時代から、集団の外で遠くから見ていて『良いなぁ。楽しそうだなぁ』と思うような人間だったのですが、Sさんから声をかけていただいて、一歩を踏み出すきっかけになりました。Sさんありがとうございます!